平成14年4月23日 海苔産業情報センター (禁 無断転載、複写、転送)
全国共販累計  平成14年4月22日 現在  全海苔漁連含む・消費税含まず
共販年度 共販枚数(万枚) 共販金額(万円) 平均価格(1枚円)
平成13年 102億1,002 1,053億9,494 10.32
平成12年 76億8,297 925億8,226 12.05
平成11年 91億5,500 910億4,942 9.95

漁連別共販結果  平成14年4月22日 現在  消費税含まず 1枚当り円
共販期日 共販漁連 出品枚数(万枚) 金額(万円) 高値(円) 安値(円) 平均(円)
4月20日 神奈川大森 56 305 8.00 5.00 5.41
4月22日 徳島 2,210 1億2,476 10.64 3.00 5.64
4月22日 熊本 5,464 2億6,310 10.39 3.00 4.81

■共販概況■
《徳島》
 今漁期の最終共販であった。色のあるものも生産されたが、後半の雨以来生産状態は下降線をたどりやや早めに終わった。業務筋に向くものは相変わらずしっかりしていた。
 高値は、長原・3等・325,000枚。加藤産業(株)落札。主な買い付け商社は、(株)永谷園・607万枚。茨木海苔(株)・289万枚。(株)大志茂・206万枚。
《熊本》
 今漁期最終共販で、生産状態は前半はかなり色のあるものが生産されたが、4月に入って雨が降り、水温の上昇でエビが増えたり、アカの広がりで15日の漁期終了よりやや早く生産の終了に向かった。
 河内、沖新、畠口などの上の等級で色のあるまとまった本数のものは7〜8円台で買われており、業務用筋の積極買いが見られた。色の落ちたもの、草質がガサついたものは3〜4円台以下になった。
 高値は、畠口・浮3等・12,700枚。マルA組落札。主な買い付け商社は、加藤産業(株)組・5,456本。小浅商事(株)・3,243本。浦島海苔(株)組・2,705。

■産地情報■
 =きょうの兵庫共販 1億7千8百万枚、最終出品枚数まとまる=
 きょう行われる兵庫県漁連共販の出品枚数まとまった。それによると、1億7,872万枚にになった。林崎は4,235万枚。その他の主な組合別出品枚数は
 ◇神戸市・1,410万枚。◇明石浦・1,889万枚。◇江井ケ島・1,091万枚。◇東二見・1,062万枚。◇森・1,330万枚。◇浅野浦・1,041万枚。◇室津浦・1,339万枚。
 なお、主な組合の等級別出品枚数は、本紙22日付けの内容にほぼ同じである。

 =23日・柳川大川共販 約5千9百万枚、中心は上5〜5等=
 福岡・柳川大川漁連の共販は23日開かれるが、出品枚数は予想をやや上回る5,904万枚に達した。沖端・1,368万枚。浜武・1,329万枚。両開・1,155万枚。新大川・1,001万枚がまとまった出品枚数。
 本等級は約30%で、4等から6等までにまとまった本数が見られる。多いのは、◇沖端・5等・405本。◇浜武・5等・375本。◇新大川・5等・330本などである。
 その他の格付けでは、マル3等から5等、か3等からか5等、軽4等から軽5等もややまとまったものが見られる。
 今漁期の最終共販の中では、本冷網が多くすべて新規生産製品の出品枚数が最も多い産地になるが、3月後半から4月始めの生産品は色のあるものが生産されており、業務筋向きになっている。

熊本県漁連共販・等級別価格表  単位:1枚当り・円
組合 3等 4等 5等 6等 7等 O3等 O4等 O5等 O6等 C4等 C5等 C6等 エ3等 エ4等
高道 6.50 6.50 5.50 4.79 4.79 - 4.39 4.39 3.39 4.79 4.59 3.99 5.70 -
滑石 - - 5.59 4.89 3.79 - - - - - 4.59 4.39 5.89 5.19
河内船津 8.59 8.29 6.80 4.90 - 6.10 4.69 3.19 3.09 5.39 4.39 3.59 6.99 5.79
沖新 - - 9.65 8.80 7.69 - 8.99 8.59 6.99 5.56 5.39 5.09 - 7.19
畠口 - 8.89 8.89 8.39 6.89 7.99 7.59 6.89 4.39 6.89 5.50 4.19 6.90 6.36
海路口 9.69 9.39 7.29 4.69 4.39 - 5.59 4.89 3.49 7.59 5.59 3.59 - 6.89
住吉 - 8.09 7.50 6.89 6.09 7.89 5.69 4.92 4.19 6.59 4.99 4.79 - 4.60
網田 - - - 5.89 4.89 - - 4.59 3.79 - 5.89 4.79 - -